14nmプロセッサ「Broadwell-U」シリーズの17モデルのスペックが公開

この記事をSNSで投稿する

處理器型號多達 13 款,Intel 14nm Broadwell-U 確定在 CES 2015 發表

Intel Launching 17 Broadwell-U 14nm Processors at CES 2015 ? Will Feature Intel Iris Graphics 6100 GPU

17 ?Broadwell-U“-Prozessoren zur CES 2015

broadwell-u_1
intel-iris-graphics-6100
broadwell-u_2

Intelは来年一月に行われるCES 2015で次世代Broadwell-Uシリーズプロセッサを発表する計画を立てています。
Intelは先日、タブレットや小型ノートパソコン向けのプロセッサ「Core M(Broadwell-Y)」を発表しましたが、このBroadwell-Uは高性能ノートパソコン向けに設計され、14nmアーキテクチャを搭載し現行のHaswellと比べても高パフォーマンスでありながら低消費電力化をしています。過去のIntelのプロセッサの進化を見れば、間違いなくその性能は向上してるでしょう。

今回、VR-Zoneでその「Broadwell-U」のラインナップ17モデルの細かなスペックが公開されました。
Broadwell-Uシリーズには”2+2“と”2+3“と呼ばれるバージョンがあり、前者には
i7-5600U、i7-5500U、i5-5300U、i5-5200U、i3-5010U、i3-5005U。
また後者には、
i7-5650U、i7-5550U、i5-5350U、i7-5250U、i7-5557U、i5-5257U、i3-5157Uが含まれます。
この二つのバージョンの大きな違いは搭載する内蔵グラフィックスで、”2+2″ではIntel HD Graphics 5500が搭載され、”2+3″ではIntel HD Graphics 6000が搭載されます。また、”2+2″はDDR3L-1600を、”2+3″はDDR3L-1866をサポートします。”2+3″はより高性能な内蔵グラフィックですが、ベースクロックが”2+2″と比べて一段低くなっているのも違いです。
また、i7-5557U、i5-5287U、i5-5257U、i3-5157Uの4モデルには、Intel Iris Graphics 6100を搭載しています。この4モデルは”2+3″同様DDR3L-1866をサポートします。
そのほか、Pentium 3805U、Celeron 3755U、Celeron 3205Uの下位モデルも登場します。この3モデルのみ、AES-NIをサポートしていません。
表では、TDPはすべて15Wとなっていますが、本文中では15Wと28Wの二種類と書いてあるので、もしかしたらベースクロックが高くかつ、Intel Iris Graphics 6100を搭載しているモデルのTDPは28Wになるかもしれません。

次期surface pro 3に使われるだろうけどやっぱり手で持つと熱くなりそうな予感。 

Sponsored Link
同カテゴリの新着記事

この記事をSNSで投稿する

『14nmプロセッサ「Broadwell-U」シリーズの17モデルのスペックが公開』へのコメント

  1. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/09/30(火) 09:04:34 ID:d07f240e9 返信

    やっぱ2+3eモデル(Iris)は28Wだよね?…Skylakeのときに15Wになるというリークを見た気がする

  2. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/09/30(火) 10:52:33 ID:94e911c68 返信

    winタブ買い換えたいから早よ出してよ

  3. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/09/30(火) 15:51:59 ID:d07f240e9 返信

    Broadwellは2+3 (Iris無印)だった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントに画像を添付できます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)