新APU”Carrizo”のスペックがリークか?

この記事をSNSで投稿する

注意:このソースが偽物である可能性は低くおそらく本物であろうが、公式か非公式どちらの発表かの確認がとれていないため、この情報はあくまでも「噂」として考えてほしい。

 Kaveriの後継、A-8000シリーズになるであろうAPU、”Carrizo”のES品のベンチテストの結果がリークされた。今、GFXBenchとSisoft Sandraのベンチマーク結果からこのチップを知ることができる。ただし、これはES品での結果であり、完成品で多くのことが変更される可能性があることを心に留めておいてほしい。

“Gardenia” Carrizoのスペック :512基のストリーミングプロセッサ(以下SP)を持つ4 Core (2.6 GHz),2MBのL2 Cache

 CHW.netのおかげでSisoft Sandraのベンチ結果のリークを発見することができた。まず初めに気づくのはAMDが興味深いネーミングを採用していることである。Carrizoの前に”Gardenia”の文字が入ることである。つまり”Gardenia Carrizo”だ。

(Gardenia:クチナシの花 Carrizo:イネ科の植物である芦)

 接尾につく文字は大抵の場合AMDのラインナップの特定の製品のターゲットマーケットを表すもので、つまりGardeniaはembedded(組み込みシステム向け)か、workstation application(ワークステーション向け)を表している可能性が高い。

 二つ目に気づいたことは、デバイスID”2M1801C1Y4381_26/18/08/04_9874″とコードネーム”Carrizo 9874″という二つのIDが存在することだ。前者は全く結果が得られなかったが、後者は大当たりであった。

 ”Carrizo 9874″と言われるほうCarrizo APUはKaveriと同じ数である512基のSPを持つことを特徴とする。SPは8つのCU(Compute Unit)に分割され、動作クロックは626MHzである。それらはバス幅128-bit、実効クロック1.6GHzでDDR3メモリと結び付けられることになる。また、このAPUのフィルレートは8.5GTexel/sを有している。(画像は元の記事で確認してほしい)

 GFXBenchのManhattan benchmarkでは、9.8/13.5 フレームパーセカンド(以下FPS)であまり良い結果とは言えないものであった。しかし、T-Rex benchmarkでは46.6 / 71.7 FPSと、オンスクリーン・オフスクリーンともにかなり印象的な数値をたたき出した。ただ、メモリ構成などの仕様が変わっている可能性は否めない。
aasfasfa
https://gfxbench.com/compare.jsp?cols=1&D1=AMD+CARRIZO+9874&os1=Windows&api1=gl&benchmark=gfx30

 興味深いことに、計算上の数字がかなり偏っている。使用された動作クロックは最大クロックの2.6GHzではなく、600Mhzのほうであった。(画像は元の記事で確認してほしい)

 TDPは約40Wと書かれてるが、CPUとGPUにフルロード(2.6GHzですべてのSPをぶん回す)をかけるとおそらく~50Wほど増えるはずである。

 このAPUのgeneral arithmeticは24.2 GFlopsで、Core 2 Duoが10前後だったこと考えれば、APUとしてはかなりまともな数値といえる。それと一つ、疑問に思っている人がいるかもしれないがベンチマークが示す”Normal Desktop”は何にも意味しないので気にしなくていい。

 ただひとつ、私をイラつかせたのは、(すでに数週間前まえにリークされていたことではあるが)サポートするメモリがDDR3であることだ。遅いメモリはAPUのような有能なアーキテクチャのボトルネックになる。(原文では”bottlenecks the crap out of” 言い過ぎだろ・・・
 AMDが低速なメモリを捨て、HBMやDDR4のようなより高性能な仕様に乗り換える決意をすることを切に願っている。

 モバイルチップは通常、早い段階でデスクトップでテストされる。おそらく、これまですべてのリークから察するに我々が最初に見ることのできる新APUは”Carrizo-L”だろう。 いずれにせよ、このAPUのローンチが12月とリークされており、日に日に近づいていることは確かだ。その時が来れば我々はもっと多くのことを知ることができるだろう。

元の記事: WCCFtech

非常に微妙なリーク情報だった上に翻訳間違いたくさんありそうなんで記事にするか迷ったけどあえて投稿させてもらった。あとtsukumoの抽選は見事に惨敗だった。

Sponsored Link
同カテゴリの新着記事

この記事をSNSで投稿する

『新APU”Carrizo”のスペックがリークか?』へのコメント

  1. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/11/02(日) 19:49:04 ID:309f28816 返信

    へー面白かったなんかおもしろそう 乙 

  2. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/11/02(日) 20:44:22 ID:37db32710 返信

    興味あるけど未だにPhenomⅡとCPU型Athlonから抜けだせん

  3. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/11/03(月) 00:00:51 ID:5ef4801f6 返信

    管理人さんお疲れ様やで
    そして残念ながら俺もDDR3はボトルネックだと思うよ
    Kaveriの世代でも、内部的には4chに対応してる?みたいな噂があったけど
    今回も128Bitのバス幅ってことは64Bitのデュアルチャンネルということになるし、あんまり伸びは期待できないのかな
    DDR4への移行か、クアッドチャンネルに対応するか、GDDR5もサポートしてBGAでもNUCみたいな小型PCで攻めるか
    HBMはAMDも頑張ってるみたいだけど、コスト的にGDDR5より厳しそうな予感

  4. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/11/03(月) 03:04:59 ID:95be0fcfe 返信

    これはモバイル用Carrizo-Lだね。GardeniaはM/B側のコードネームと思うよ
    MOTHERBOARD FOR TESTING GARDENIA (CARRIZO FP4,DDR3 SODIMM)
    REVB,DM,FP4 APU WITH B976,B977,B978 (151-C75105-00)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントに画像を添付できます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)