Skylake-Sプロセッサの登場が遅延することに

この記事をSNSで投稿する

 当初の予定ではIntel Skylake-Sプロセッサは6月から7月にかけて登場すると考えられていたが、どうやら2015年9月から10月にシフトしたことが判明した。

 SkylakeはBroadwellの次の世代となるCPUプラットフォームであることは皆も知っているのでこれ以上詳しいことは書かないが、この遅延に関して誰しもが「なんでだよこのやろう」と考えるだろう。

 考えれば単純だ。Broadwell-Kは2015年の初めごろに登場すると考えれらているが、そのなかでSkylake-Sを6月から7月にかけて登場させることは、Intel側から見ても、マーケティングの観点からあまり意味がない。 そのうえ、ノートPCのライフサイクルに影響を与える可能性もあるのでIntelにとってはほとんどメリットがないと考えられる。

 DigiTimesによると、これらの観点から、IntelがこのプロセッサのRTMスケジュールを延期させることにしたようだ。変更されたスケジュールによるとIntelがこのプロセッサのローンチを今のところ第37週~第47週に設定しているとのこと。言い換えれば、8月の終わりから10月の終わりにかけて登場するということだ。大抵の場合、ローンチから消費者が手に入れられるまでに4~5週間はかかるので、早ければSkylake搭載のノートPCは9月末に発売されることが期待される。また、この遅延でWindows 10搭載PCの出荷台数に影響が出る可能性は十分にある。

 いつものように、モバイルチップが先に現れ、数か月後にそれに続き、メインストリーム向けデスクトップモデルが登場する。この影響がSkylake-Kにどのような影響を与えるかはわからないが、”S”と”K”の間には互換性があるので、同時期にローンチされることも十分に考えられるだろう。これら二つのSkylakeをローンチすることは、Broadwellの倍率アンロック版とSkylakeの倍率アンロック版のSKUが同時期に出て混乱を起こすよりもはるかに理に適っていると思うのだが・・・。

元の記事:WCCFtech

ちなみにwindows 8/8.1ユーザーに対するWindows 10の無償アップグレードをDigiTimesでも謳っている。

以下知ってた禁止 

Sponsored Link
同カテゴリの新着記事

この記事をSNSで投稿する

『Skylake-Sプロセッサの登場が遅延することに』へのコメント

  1. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/11/04(火) 08:03:42 ID:f3db21fc9 返信

    >>以下知ってた禁止
    /(^o^)\
    Windows10も確か同時期ぐらいに出るって話もあるし、
    ある意味ちょうどいいんじゃねーかな
    Ivy→HasみたいにCPU性能変わらず消費電力だけ微増とかしたら微妙だけど

  2. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/11/04(火) 11:10:00 ID:247d01c42 返信

    SITTETA
    (´・ω・`)

  3. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/11/04(火) 17:26:25 ID:0ddec71df 返信

    haswell以降のCPUが延期祭り

  4. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/11/05(水) 07:50:15 ID:c8c1d8231 返信

    いつ買おうか迷う。今は2600K orz

  5. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/11/05(水) 11:48:33 ID:1bbd3ca8c 返信

    どうせSandy以降大して処理性能に違いは無いし…(震え

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントに画像を添付できます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)