ムーアの法則は5nmに壁、民生用LSIは28nmで様子見を

この記事をSNSで投稿する

1: 鰹節山車 ★@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:13:04.55 ID:???0.net
ムーアの法則は5nmに壁、民生用LSIは28nmで様子見を (1/2)
ムーアの法則についての見解を数多く述べているBroadcomのCTO、Henry Samueli氏。微細化技術の今後や、IoT市場の動向、同社のベースバンド事業撤退などについて、話を聞いた。
http://eetimes.jp/ee/articles/1412/19/news053.html

 2014年に携帯電話機向けベースバンド事業から撤退すると決断したBroadcom。同社の共同創設者であり、CTOでもあるHenry Samueli氏は、
プロセス技術に対する知見が深いことでも知られる。その同氏にインタビューする機会を得た。

ムーアの法則は5nmが壁に

EE Times FinFETプロセスの見通しは。

Henry Samueli氏 FinFET技術は、いくつかのファウンドリで成熟しつつある。当社は現在、16nmプロセスを適用したFinFETの開発を進めていて、2015年にはいくつかのチップをテープアウトできそうだ。

 われわれは、TSMCと23年にわたり提携関係がある。そのため、TSMCは当社にとっても重要なパートナーだが、もちろん、16nm/14nmでの製造が可能ならば、他のファウンドリとも提携したいと考えている。
 ムーアの法則は続いている。当社は2015年に10nm FinFETのテストチップを製造するかもしれない。さらにその先の7nm、5nmプロセスの話も出ている。7nmについては大いに可能性があるが、
5nmについては、まだ分からない。つまり、今後もあと2~3世代は進む余地があるということだ。5nm以降についてはかなり懐疑的な見方が多い。5nmの壁を超えるのは相当難しくなるだろう。

 われわれは、コスト面の理由から、最先端のプロセスを適用すべきチップと、従来のプロセスを適用すべきチップを、これまで以上に考えなくてはならない。
ネットワークスイッチやマルチコアプロセッサ、メモリなどは16nmや10nmにできるだけ早く進んだ方がいいだろう。こうしたチップはコストが高くても対応できるからだ。だが、民生機器向けのチップは、しばらくの間は40nmと28nmにとどまるべきだ。

新興企業が少ない

EE Times 最近の半導体業界において、新興企業の立ち上がりはどうか。

Samueli氏 遅くなっていると思う。過去数年間で劇的に遅くなっていることは確かだ。新しくチップを開発するコストは数千万米ドルから数億米ドルに上るようになってしまったからだろう。

 一方で、チップ関連の新興企業が多く存在する地域もある。イスラエルが良い例だ。最近のイスラエルには、企業を立ち上げやすいという素晴らしい文化がある。

 現在、チップ関連の新興企業は平均して少ないため、当社の買収欲が容易に満たされることはない。当社はこれまで数多くの企業を買収してきたが、そのペースは確実に遅くなってきている。ぜひ優れた人材と技術を見つけたい。

EE Times 最近では、チップ企業にとって優れたエンジニアを雇うことがより難しくなっている。特にシリコンバレーでは、AmazonやFacebook、Googleなどに魅力を感じる若者も多い。

Samueli氏 優れた人材を得るのは、いつでも難しい。それはこの20年変わっていないし、そもそもシリコンバレーは近年最も活気のあるエリアの一つだから当然の傾向だろう。

 当社は世界中に75の研究開発拠点を持っているので、必要な人材を見つけることが出来る。特定の市場ではさらに競争が激しいが、半導体業界の成長率は1桁台前半くらいにとどまっており、かつてのような速さでは成長していない。
そのため、新たな雇用機会の数は横ばい状態である。従って、特に人材を必要とするソフトウェアの周辺機器産業で何度も争っている。
以下ソース

2: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:14:06.28 ID:8tWWDKLX0.net
頭打ちですな
6: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:18:47.90 ID:yyfibSPq0.net
他の部品やOSがしょぼければどんなにCPUが凄くても大して変わらないよね
4: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:16:24.53 ID:rDXOOeou0.net
毎年でるよなムーアの法則限界説
15: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:49:51.26 ID:KkE4YThM0.net
>>4
最近のやりくりはたいへんらしいぞ
9: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:21:43.11 ID:Ckhaa9Yh0.net
そもそもそんな法則は都市伝説の域を出ていない
10: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:29:15.68 ID:F8GKRdXG0.net
>>9
都市伝説つっうか経験則だね
だからまあ今後にも当てはまるとは限らない

結局ASMLはEUVを立ち上げられたんか?

13: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:35:54.16 ID:O/lP35Yt0.net
>>10
実はどんな法則も「実験で確かめられた」という経験則に基づいているだけだぞ
14: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:40:00.12 ID:J5eNPibl0.net
小型化の旨味ってCPUしかないよな。で、CPUは微細化より発熱のほうが問題だ。
16: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:52:08.93 ID:Vg46dOJl0.net
自然界の物性とかじゃないのに「法則」とか言っちゃうことに釈然としないものを覚える
18: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:58:09.22 ID:F8GKRdXG0.net
>>16
まあ社会学とか経済学とかにも法則って言われるものがあるからね
7: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:19:45.50 ID:soWlX7TF0.net
微細化の限界に到達したら、今度は大規模並列化とかなの?
そんなのより量子コンピューターの製品化はまだなのか。

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1418976784/

Sponsored Link
同カテゴリの新着記事

この記事をSNSで投稿する

『ムーアの法則は5nmに壁、民生用LSIは28nmで様子見を』へのコメント

  1. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/12/19(金) 21:38:03 ID:12cf8df56 返信

    これからはハードよりソフトの成熟だな

  2. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/12/19(金) 21:54:10 ID:5265df237 返信

    おいふざくんなムーアの法則を前提として2038年問題があるんだろう
    これじゃまだ人類安泰じゃんターミネーターできねーのかよ

  3. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/12/20(土) 08:23:50 ID:a39770121 返信

    数字を小さく細かくするのには限度がある、原子にも大きさ(と言うか範囲というか)があって
    その一個の大きさに迫ろうってところまで行っちゃってるからね。
    原子を一個ずつなぞれるような大きさの世界になると、我々が目に見て触れるような
    大きさの科学が量子の世界の狭間で上手く機能しなくなるその限度に迫っている。
    でも多分大きさ自体が限度に行ってもトランジスタの構造や積層の方法で
    もう暫くは凌げると思う。
    問題のもう一つは構造する原子一個が欠けてもそのトランジスタなり機構が
    機能しない可能性が出てくる事、歩合が悪くなることだろうね。

  4. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/12/20(土) 10:20:59 ID:9b85bf39c 返信

    真空管の衰退、半導体の成熟、次の素材はなんだ?そんなブレイクスルーはあるのか?それを俺たちはたいけんできるのか?

  5. 名前:名無しの自作er 投稿日:2014/12/21(日) 02:14:24 ID:db398c476 返信

    クロックは定格4GHzいったから
    7nmなら発熱少そうだし定格5GHzは行きそう
    現実的にはコンシューマ向けにintelが8Core出してAMDが10Core以上の出してきそう

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントに画像を添付できます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)