GeForce GTX 960はオーバークロック耐性に優れる

この記事をSNSで投稿する

 VIDEOCARDZはNVIDIAトップのJen-Hsun Huangから新たな情報を入手したようだ。
 まず新しいミドルレンジグラフィックスカード発表だが、発表は1月22日午前6時(PST)となるそうだ。(日本時間では午後10時)新カードのお披露目はちょうど1週間後となったわけだ。

Sponsored Link


  GTX 960のスペックはGTX 750の倍、またはGTX 980の半分で、つまりCUDAコア1024基、TMU64基、ROP32基となる。カードは2GB GDDR5メモリに128-bitのインターフェースを備えるが、Jen-Hsun Huang曰くMaxwellから実装された新しいメモリ圧縮技術によって、メモリ速度は7GHz相当から33%増の9.3GHz相当になると述べている。また、他のGTX 900同様DirectX 12にも対応する。

 Jen-Hsun HuangによってGPUベースクロック・ブーストクロックが明かされた。リファレンスでのベースクロックは1127MHz(2.3 TFLOPS)ブーストクロックは1178MHzになるそうだ。ベースクロックはGTX 980相当、ブーストクロックはGTX 970相当となっている。メモリ帯域幅は112GB/sである。

 この新しいグラフィックスカードは6-pinの電源コネクタを1つのみ搭載しTDPは120Wになるそうだ。NVIDIAによればGTX 960は「League of Legends」のようなMOBAゲームに最適で、省電力かつ低ノイズなカードとなる。
NVIDIA-GeForce-GTX-960-specificatins


モデル GTX 960 GTX 970 GTX 980 GTX 760
アーキテクチャ Maxwell Maxwell Maxwell Kepler
GPU GM206 GM204 GM204 GK104
CUDAコア 1024 1664 2048 1152
TMU 64 104 128 96
ROP 32 64 64 32
クロック速度 1127/1178 MHz 1051/1178 MHz 1126/1216 MHz 980/1033 MHz
メモリバス 128-bit 256-bit 256-bit 256-bit
メモリ容量 2~4GB 4GB 4GB 2~4GB
メモリクロック速度 7010 MHz 7010 MHz 7010 MHz 6008 MHz
メモリ帯域幅 112 GB/s 224 GB/s 224 GB/s 192 GB/s
TDP 120W 148W 165W 170W
PCI-Eコネクタ 6-pin ×1 6-pin ×2 6-pin ×2 6-pin ×2
価格 199?ドル
249?ドル
329ドル 549ドル 249ドル



 GeForce GTX 960の優れている点はオーバークロック耐性にある。 NVIDIAが言うにはこのカードのOC耐性はGTX 970/980に採用されているGM204コアよりも優れ、GPUクロックを1.5GHz付近までオーバークロックすることが可能のようだ。
 前回のベンチマークリークのスライドで最後に乗せたスクリーンショットに、ベースクロック1398MHz、ブーストクロック1461MHzにオーバークロックさせたもので3DMark FireStrikeベンチマークをすると7500のスコアが得られているものがあった。最初はあまりにもコアクロックが高いので何かの間違いかなんかかと思って言及はしなかったが、どうやらGTX 960特有の能力だったようだ。7500というスコアはGeForce GTX 770やRadeon R9 280Xをも凌ぐスコアで、各メーカーから発売されるGTX 960のオーバークロックモデルはGTX 770リファレンス相当な性能になる可能性がある。
gogogo

  国内価格でがっかりしている人も多いようだがオーバークロックモデルで初動3万弱なら性能的にも十分に選択肢に入るものではないだろうか。(ちなみに初動3万弱は自分の勝手な予想なので真面目に受け取らないでほしい)
そらがっかりするわ・・・
GeForce GTX 960は249ドルになるかもしれない・・・ 国内価格も残念なことに

 ただここまでコアクロックが高いと、GTX 970でも多く報告されているコイル鳴き問題がどうなるかは心配でもある。
NVIDIA-GTX-960-Overclockiing

 VIDEOCARDZに掲載されているその他のスライドでは、GTX 660との性能比較を行っている。スライドによると、ワットパフォーマンスはGTX 660と比べてほぼ2倍、Watch Dogs、Assasin’s Creed:Unity、Civ V、BF4などのゲームを1920×1080の解像度で動作させた場合、GTX 660では平均40FPSに満たないが、GTX 960では60FPSを確保できるようなことが記されている。GTX 970/980と同様に、GTX 600シリーズ以前のグラフィックスカードを持っている人が乗り換えるのに最適ということを説明しているように思える。

ソース:VIDEOCARDZ

これはあれだ、Tiは出るかわかんねーわ

Sponsored Link
同カテゴリの新着記事

この記事をSNSで投稿する

『GeForce GTX 960はオーバークロック耐性に優れる』へのコメント

  1. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/15(木) 17:46:50 ID:21a0f9f09 返信

    OC耐性が良いのはうれしいんだけど個人的に一番問題なのはメモリ2GBなんだよなぁ・・・960OC4GBモデル3万前半で・・・ていうのは望みすぎか。というかそれなら970買うか・・・

  2. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/15(木) 17:47:27 ID:b6bdf02f3 返信

    なるほどこういうことだったのか
    買うか悩んでたけど買う方向になりそうだ

  3. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/15(木) 18:28:51 ID:ce583be51 返信

    4GBモデル出たら買うかな
    でもそうなると上位モデルと価格が変わらなくなりそうだな…

  4. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/15(木) 19:34:19 ID:4ec4af9ec 返信

    GTX980でも定格電圧で1.5Ghz、ものによっちゃ1.6Ghzまで上がるみたいだしGTX960はもっと可能性があるってこと?

  5. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/15(木) 23:08:14 ID:f87ac6043 返信

    970早めに買って正解だった
    VRAM2Gは・・・

  6. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/15(木) 23:22:43 ID:4af75ba8b 返信

    Tiの4Gと770比べてどうなるかってレベルだな
    960は買う意味ないわ

  7. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/15(木) 23:58:14 ID:67818e4e5 返信

    60番代だとやっぱりTiじゃないとダメなのか?

  8. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/16(金) 02:35:38 ID:facdd3e47 返信

    冷却機能を強化したので960もOCでぶん回せますよ。
    みたいなモデルを3万5千円で出してくるのだろうか?

  9. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/16(金) 09:39:05 ID:c329246c7 返信

    GTX680並みの性能なら価格次第でカードに4万出せないユーザーにはアリ
    ただメモリ4G必要な環境となると性能不足だから素直に970買うべきだな

  10. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/16(金) 13:53:24 ID:dfe35bbf5 返信

    760の時みたいにTiはOEM専用になったりして・・・

  11. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/01/16(金) 13:56:10 ID:d468bfb88 返信

    VRAMの量が…これで二万五千円かなり越えてくるんだろうしOCとかしねえから
    省電力でせめて3GBで二万代後半でだしてよ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントに画像を添付できます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)