GeForce GTX TITAN Xの詳細スペックが公開 CUDAコアは噂通り3072基

この記事をSNSで投稿する

 GeForce GTX TITAN Xの詳細スペックがリークした。結論からいうとTITAN Xのスペックはこれまで噂になっていたGM200-400のスペック通りで、CUDAコア3072基を搭載していることが判明した。

 GeForce GTX TITAN Xの正式な発表は3月17日(日本時間では18日過ぎた頃)ながら、TITAN Xの仕様表を入手している海外レビューサイトでは既にそのスペックが公開されている。

Sponsored Link

以下はVIDEOCARDZで公開されたスペック表である。


製品名 GTX TITAN X GTX TITAN Black GTX TITAN GTX 980
製造プロセス 28nm 28nm 28nm 28nm
GPU GM200-400 GK110-430 GK110-430 GM204-400
CUDAコア 3072基 2880基 2688基 2048基
TMU 192基 240基 224基 128基
ROP 96基 48基 48基 64基
GPUクロック ベース 1002MHz 889MHz 836MHz 1126MHz
ブースト 1089MHz 980MHz 876MHz 1216MHz
メモリークロック 1753MHz 1753MHz 1502MHz 1753MHz
メモリバス幅 384-bit 384-bit 384-bit 256-bit
メモリ容量 12GB GDDR5 6GB GDDR5 6GB GDDR5 4GB GDDR5
メモリ帯域幅 336GB/s 336GB/s 288GB/s 224GB/s
TDP 250W 250W 250W 165W
電源コネクタ 6pin×1+8pin×1 6pin×1+8pin×1 6pin×1+8pin×1 6pin×2
出力端子 DVI 1 2 2 1
HDMI 1 1 1 1
DP 3 1 1 3
価格 TBC 999ドル 999ドル 549ドル

 表からもわかるように、GTX TITAN XはGTX 980のスペックの1.5倍のCUDAコア数3072基、テクスチャマッピングユニット192基、ROPユニット92基となっている。前回のベンチマークリークではGTX TITAN Xの性能がGTX 980から1.3~1.4倍になっていた点からも十分に推測できたスペックだと思われる。ベースクロックは1002MHz、ブースト時には1089MHzとなり、前作のGTX TITAN Blackよりも高い設定がされている。メモリインターフェースは384-bitでこれまでのTITANシリーズと同様。メモリ帯域幅はTITAN Blackと同様ながらMaxwell世代から採用されているカラー圧縮技術などにより実際のメモリ帯域は高くなると言われている。TDPも250Wで、980から比べてこれまた1.5倍。消費電力が1.5倍ながら性能は30%~40%の向上に価値を見出すのはむずかしいことではないと同サイトは述べている。

 3000基以上のコアを搭載したGPUはGTX TITAN Xが初となるようで、VIDEOCARDZではGM200-400のブロック図も公開している。クラスタは6つに分割されそれぞれにSMMが4期備わっている構造で、これによりSMMは合計24基搭載していることになる。

NVIDIA-Maxwell-GM200-GPU-Block-Diagram
VIDEOCARDZで公開されているブロック図

 あまり関係はないかもしれないが同サイトではGTX TITAN XのスペックがGTX 980の1.5倍ながら価格は1.5倍どころではない点と、TITAN Blackよりも黒いなどのツッコミが入っていた。

Sponsored Link
同カテゴリの新着記事

この記事をSNSで投稿する

『GeForce GTX TITAN Xの詳細スペックが公開 CUDAコアは噂通り3072基』へのコメント

  1. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 00:38:32 ID:f6f8ebfcc 返信

    スペックは良い
    それよりも価格だ

  2. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 00:39:34 ID:8743cf503 返信

    こんなの買う層はコスパとか気にしてないから値段とかどうでもいいだろ

  3. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 01:21:33 ID:8f761f2ae 返信

    最上級はコスパなんて気にしないから。
    値段なんてどうでもいい、気にするのは性能の一点のみ。

  4. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 01:28:52 ID:88b8a22d7 返信

    gtx980何個分になるんだろう・・・

  5. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 01:42:54 ID:ab758fcc4 返信

    なぜいつもメモリバス幅低いんや

  6. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 01:51:22 ID:915735fb6 返信

    390Xの詳細が気になるところ

  7. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 02:03:29 ID:500c5481a 返信

    せんせい かえません(´∀`)ノ

  8. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 02:21:59 ID:fded9b8f6 返信

    これで、390Xが6万くらいで、395Xが12万以下だったら一気にAMDに流れが…
    来ないかな…

  9. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 02:56:04 ID:6c2b4dfc3 返信

    本当にスペックの通りなの?

  10. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 09:58:25 ID:3dcb3f33d 返信

    20万くらいなら買おうかと思う

  11. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 10:11:19 ID:7532d62e2 返信

    最後の黒いって文面を乗っけた辺りから地味に管理人がゲフォにイライラしてるのがわかる

  12. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 11:12:38 ID:6c783498f 返信

    このスペックじゃ、物足りないよね。

  13. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 14:44:49 ID:5da1cfa7f 返信

    コア数1.5倍でもクロック数が下がってるから実性能は1.5倍にはならないのに、
    消費電力も価格も1.5倍以上ってのはなんか損した気分だなぁ

  14. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 14:55:57 ID:4707f73e4 返信

    実装メモリは3倍だからな・・・
    6GBもはよ

  15. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 16:44:43 ID:2c1b5e9a4 返信

    SLIしないとその性能を実感できなさそう。

  16. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/17(火) 19:05:24 ID:b56e8ab80 返信

    この製品がGTX Titan を名乗るのならば、倍精度演算機能は残しておいていただきたい。そうでなければGTX Titan ではなく実質的にはGTX 980 ti としか評価できない。また、倍精度演算機能無しだとしたらRadeon R9 390X に勝つことは難しい。

  17. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/03/18(水) 03:22:06 ID:5f7113958 返信

    >>これで、390Xが6万くらいで、395Xが12万以下だったら一気にAMDに流れが…
    来ないかな…
    HBM使ってる時点でNVより高くつく

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントに画像を添付できます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)