東芝、HDDの多層記録技術の実証実験に成功~磁気メモリ、磁気テープなどにも応用可能

この記事をSNSで投稿する

1: 海江田三郎 ★ 2015/07/07(火) 14:55:42.74 ID:???.net
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150707_710488.html
01

東芝は7日、多層磁気記録に関する新技術の実証実験の成功を発表した。
 実験で実証されたのは、マイクロ波磁界を用いて多層の磁性体の磁化の向きを層を選択して反転させる技術。
 磁気記録の記録密度を高める方法として、従来は記録ビット(磁石)の微細化による
高密度化が行なわれてきたが、記録ビットの微細化は技術的限界に達しつつある。
今回の磁化反転技術により、固体ストレージメモリ(NAND)で高密度化技術として開発されている
“メモリセルの多層化”と同様、磁気記録でも記録層の多層化が実現すれば、記録密度の飛躍的な高密度化が可能となる。

実験では、異なる強磁性共鳴周波数を有する磁性体層を積層し、
それぞれに応じた周波数のマイクロ波磁界を印加することで、特定の磁性体層のみに磁化振動を励起することに成功。
磁化振動が励起された層は磁化反転に必要なエネルギーが低減されるため(マイクロ波アシスト効果)、層を選択した磁化反転を可能とした。
 この技術はこれまでシミュレーションで予測されてきたが、今回初めて実証することができたという。
今回実証された磁化反転技術は、磁気記録全般に応用できる基本的な技術のため、HDDだけでなく、
磁気メモリ、磁気テープなどの磁気記録製品でも記録層の多層化が期待できるという。
 東芝は、今後はより微細な記録ビットを書き換えるため、局所的なマイクロ波磁界印加が可能な
スピントルク発振素子の開発を進めると共に、それを搭載可能な磁気ヘッド、多層記録に最適化した
記録媒体の開発を行なっていき、2025年頃を目標に3次元磁気記録の実現を目指すとしている。
 なお、同技術の研究開発は国立行政法人 科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業
「戦略的イノベーション創出推進プログラム」の一環で、7月8日にスペインバルセロナで開催される国際学会(ICM 2015)において発表される予定。

Sponsored Link

2: 名刺は切らしておりまして 2015/07/07(火) 14:57:47.39 ID:m3JS3lN5.net
期待できるな
3: 名刺は切らしておりまして 2015/07/07(火) 14:58:20.24 ID:+DGasEof.net
横にしか配置できなかったのが縦でも可能になったのか。
あとはどれくらい積層化できるかだな。
9: 名刺は切らしておりまして 2015/07/07(火) 15:06:48.30 ID:sMuNmMCQ.net
記録はできてもすぐに呼び出せなくなるんじゃねーかな多層式って
16: 名刺は切らしておりまして 2015/07/07(火) 15:16:27.81 ID:0I9FFJBu.net
>>9

ニーズからすれば渇望されてるのは数TB程度ではない大容量媒体で、
読み出し速度が遅くても市場は大きいな。
256TBくらいが紙面を飾る日も近いのかにゃ♪

14: 名刺は切らしておりまして 2015/07/07(火) 15:13:53.96 ID:m3S9OLrO.net
スペースの問題さえなければ、単純に枚数を増やしていったほうが
価格も信頼性も上だったりはしないの?
29: 名刺は切らしておりまして 2015/07/07(火) 15:57:32.69 ID:yIT7BjHd.net
HDDの大容量化より高速・大容量のテープ媒体が欲しいな
1本でHDDのバックアップ可能なTBオーダの安価なDDSができたら
速攻で導入するのになぁ
31: 名刺は切らしておりまして 2015/07/07(火) 16:06:01.90 ID:OBcB6wFe.net
垂直磁気記録も30年かけて実用化したからなあ
子供のころテレビで方式説明の話を見て
実物を手にしたときは「これがあのそれか」と感慨深かった
36: 名刺は切らしておりまして 2015/07/07(火) 16:41:37.13 ID:9lDI7YnB.net
>>31
意外と実用化遅いよな。
20年前は今頃DRAMなんかなくなってると思ってたわ。

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1436248542/

Sponsored Link
同カテゴリの新着記事

この記事をSNSで投稿する

『東芝、HDDの多層記録技術の実証実験に成功~磁気メモリ、磁気テープなどにも応用可能』へのコメント

  1. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/07(火) 18:48:05 ID:37f12a55f 返信

    HDDの中身がDVDとかBDと同じ片面二層みたいな感じになって容量増えるってことでいいのかな

  2. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/07(火) 19:02:12 ID:713763f6c 返信

    まず故障率のほうを・・・

  3. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/07(火) 19:07:16 ID:b8b767b1d 返信

    まず、不適切会計・粉飾決算のほうを…

  4. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/07(火) 19:07:43 ID:ccbc2e988 返信

    東芝の3TバルクHDD1年もたなかったわ。バルクだから保障半年で泣いた

  5. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/07(火) 19:10:06 ID:8f162286e 返信

    3.5インチで100TBへの道は開けたということかな。
    フラッシュメモリのほうが早く到達しそうだけど。

  6. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/07(火) 19:23:26 ID:57879021a 返信

    こういう良い研究してるのに上の方ときたら・・・
    多層化するのは良いとして
    エネルギー密度的に安定するのかね
    確か水平から垂直に変わった理由として
    エネルギー密度が高くて高密度化が望めないからだと思ったのだが
    実用化が10年後みたいだから深く考えなくても良いか

  7. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/07(火) 19:32:00 ID:3bebc8b06 返信

    技術の進歩はいいことだが
    500Gですら半分余らせてる俺にとっては関係ないな(´・ω・`)

  8. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/07(火) 19:48:03 ID:fd8644a53 返信

    そんなことより粉飾どうなってんだよ

  9. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/07(火) 22:22:44 ID:b7ebece63 返信

    実験で成功しても実用化の段階で葬られた技術は山ほどあるんだよなあ

  10. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/08(水) 00:04:09 ID:320672d9b 返信

    磁気テープはまだまだ残るとして、この技術が商用化される頃、HDDは残っているのだろうか?

  11. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/08(水) 23:28:25 ID:141b55275 返信

    どうせ実用化されないんだろ

  12. 名前:名無しの自作er 投稿日:2015/07/09(木) 14:29:13 ID:1bba2be3d 返信

    故障しないHDD作れよ。
    1、2年で使えなくなるようなモノ売るなっての

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントに画像を添付できます

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)